美しくなる幸せになるラブリーエイジング研究所

~40代、50代からの綺麗と幸せの習慣と気づき~

鏡コレクター

 

鏡を見る時に映っているのは

「自分の姿」ですよね?

 

鏡の中の「私」とは

ずいぶんと長い付き合いですが

これ、ほんとに私かいな?

と思うことも。

 

外出先で見る美人には

にこやかに「こんにちは」とご挨拶。

地下鉄や夜のバスの窓に映ったヤツには

「おまえは誰だ?」・・・

(↑ こいつは鏡ではないか)

怖いわー。

 

思いがけなく現れる自分の姿には

信じ難いものもあるけれど

・・・

たぶん夫さえ言わないだけの

よくある私の姿なのでしょう、お互いにね・・・

 

しかし、私だってそれだけじゃないもんね。

朝、顔を洗って鏡の前でお手入れしてしている時には

幸せな顔しているし

化粧した後は結構な美人の出来上がり。

バスルームでは一日お世話になった全身を愛でて

労ってるし。(ナルシスト?)

 

しかしラブリーエイジングも重ねると

視力が低下してきまして

当たり前に見えていたものが

ほんっとうに見えなくなる。

口の周りにきつね色のパンくずつけて

デパート巡りから帰ってきた日には、今なら死ねると思った。

 

ずっと両目1.5だった視力検査の女王が眼科に行ったら

「遠視ですね」って言われる始末だし。

遠視だからこの年齢になって

近場にピントが合わなくなるのは仕方がないんだって。

遠視って言われても

遠くだって怪しくなってきているのに。

 

もう「ONE PIECE」とか

メガネかけても目が痛くて読めないわ・・・

女王の末路です。さよなら、ルフィ。

 

仕方がないので

ドレッサーの前には2倍の拡大鏡を置き

バッグの中には10倍のコンパクトを入れ

10倍の威力に驚愕し

ドレッサーの前にもうひとつ5倍の拡大鏡が置かれることに。

 

私の部屋は鏡の間。

気分はマリーアントワネット。

パンくずも鼻毛もよく見える。

 

それでも視力は現在1.2。

それが遠視ってものらしい・・・