美しくなる幸せになるラブリーエイジング研究所

~40代、50代からの綺麗と幸せの習慣と気づき~

歌手イルカにド肝を抜かれた話

 

イルカ。若い方、ご存知ですか?

なごり雪」のイルカ。

 

最近懐メロ番組に

イルカが出演しているのを2度見ました。

この前はイルカが主役だったし。

 

私、ほとんどテレビを見ないせいか

テレビでイルカを見ること自体新鮮ですが

ド肝を抜かれました。

だってイルカと言えば

なごり雪

「ギターの弾き語り」

「あのイルカヘア」

そして

「オーバーオール」だったよね。

昔はサロペットとも言ってたっけ?

 

そのイルカが

私が見た1度目は

高橋真琴のイラストを大きくプリントした赤白のドレス。

何かの間違いかと。

2度目は

腰の後ろに大きなリボンが付いた

白い総レースの膝上丈ワンピースを着てた・・・

 

ああっ、言葉じゃ伝わらないけど。

 

衣装のインパクト的に

どちらも着こなせるのは

深キョンくらいしか思い浮かばない。

あ、斉藤由貴なら着ちゃうかも

・・・って言うくらいの

クセの強い乙女な衣装です。

 

しかも

その素敵な衣装を着ても

イルカの場合

ヘアメイク、いじらせない。

 

赤いリップを引くわけでもなく

お団子ヘアにするわけでもなく

首から上はイルカのまんま。

 

昔の紙製の着せ替えみたいに

お洋服だけが華やかに変わるだけ。

 

はっきり言って

ものすごい違和感です・・・最初はね。

 

それが

イルカがギターを弾いて「なごり雪」を歌いだせば

そのものすごい違和感が

どうでもよくなる。

 

イルカ あっぱれ  

 

 「あたしはあたし。だから、何?」

って感じの自信に凄みを感じます。

エ・アロール?

 

好きなものは好き

イヤなことは、嫌。

 

彼女は永遠の「サラダの国から来た娘」。

 

これからは

彼女に私淑する所存です。

 

私もあの衣装、着てみたい。