美しくなる幸せになるラブリーエイジング研究所

~40代、50代からの綺麗と幸せの習慣と気づき~

日常を離れて環境の変化と身体の変化

 

 

娘家族の引っ越しの手伝いで家を空けている間の

セルフケアといえば

歯磨き洗顔、スキンケア、入浴、ヘアケアくらい。

木枠に囲まれた二段ベッドで寝起きしていたので

朝のストレッチすら超簡易形。

自分のための時間は最低限しか持てなかった

子育て時代にタイムスリップしたようでした。

 

環境が変わるとせっかく身に着けた習慣がリセットされてしまいますね。

 

しかし数日間の環境の変化での気づきもあって

例えば歩くこととお通じの関係。

小さな孫の幼稚園の送り迎えは往復50分のウォーキングタイム。

それが一日二往復。

普段は着座時間が長く

外出は車に頼りっぱなしの生活なので

私にとってはかなりハードな運動です。

いまだに筋肉痛が治まりません。

しかし朝、幼稚園から戻るときちんとお通じがあったということは

私にとってウォーキングは必要なんだろうか。

でも、旅行に行くと普段より歩いても

便秘になるのは何故かしら?

単なる温泉一泊も数日かけての観光旅行でも変わらない気がする。

あれ?

お通じとウォーキングの関係ってあるのか、ないのか

やっぱり謎。・・・気づいてないわ、だめやん。

 

脚が太くなったのは確か。

旅行でも歩きすぎると太くなる。

結論。過度に歩くと脚が太くなる。

元に戻るには一か月はかかる(たぶん)。

 

たとえば食事と体重の関係。

引っ越しの荷造り荷解きということで

食事はだいたいテイクアウトか外食で過ごしたところ

どうしても普段よりは野菜不足になって

反対に糖質やたんぱく質の摂取が増えて

歩くわ力仕事だわ、と運動量が激増したわりに1kg以上体重が増加。

ウエイトコントロールには運動量より食事内容の方が大事らしい。

 

一週間程度、家を離れた程度では

感じる変化ってこのくらいかな?

 

でも家に帰ってからの変化は楽しいわ。

 

体重増加。

脚が太く逞しくなってる。

身体のあちこちがアザだらけ。

筋肉痛で腰割りが出来ない。

歯茎が腫れてる(歯を食いしばっちゃったかな?)。

健やかな習慣の流れを忘れてる。

夫の気持ちが見えやすい。

自分の感受性を楽しめる。

 

もっともっと

美しく幸せになるって、わかる。

自分を、ちゃんと見て言葉にすることができるって

キツイけど楽しい。

 

あ・・・

家に帰ってきてから

トイレが近い。昼間も夜も。

そういえば

横浜ではやっぱりテンパっていたのかな、

回数がかなり少なかったわ。

 

家に帰ってきてから

トイレの往復激しいこと。

昨夜なんか夜中に3回起きたりして。

 

新聞の広告に

そんな中高年向けのサプリの広告が

しょっちゅう出てるよね(⌒-⌒; )

 

私はただいまデトックス中。